宅配買取とフリマ、オークションを比較

宅配買取 vs メルカリ

宅配買取 と メルカリを比較


宅配買取vsメルカリということでどちらが優れているのでしょうか。そもそもメリカリとはスマホで使うことが出来るフリマアプリのことを言います。これを使うことによって、誰でも簡単に商品を売り買い出来るようになったのです。そして、メルカリは国内最大級のフリマアプリということもあって、3000万ダウンロードを突破しているのです。

【メルカリの特徴について】

メルカリは、販売手数料が10%かかります。ですから、全体にかかった金額の1割を支払うということになるわけです。それから、クレジットカード以外で決済した場合、支払い手数料が100円かかります。それから、代金を指定の口座に振り込んでもらうために振込み手数料が210円かかります。これ以外には特にお金がかかることはありません。

【メルカリを使うメリットについて】

メルカリは、国内利用者数が3000万人を超えているということもあって、出品に関しても落札に関してもさまざまな品を見つけることが出来ます。出品をすれば、たくさんの人に見てもらうことが出来ますから、自然と落札される可能性がアップしますし、自分で何か欲しいと思って探すときも目当てのものが見つかる可能性が高くなります。また、スマートフォンから操作が出来るということ、出品も入札もそれで完了できるということで、使いやすいところがあります。最近はスマートフォンの普及台数もアップしているということで、今後更なる普及が期待できるところもあります。

【宅配買取とどっちがいい?】

宅配買取とメルカリはどっちが良いかということです。これに関しては利用する人によってどちらが良いかは変わってくるでしょう。宅配買取は、業者に売りたいものを送るだけで査定してもらえますし、それでお金も振込みをしてもらえます。査定の額に関してはお店によって異なりますし、必ずしも高額な取引が出来るとは限らない点はありますが、とにかく手軽に利用できます。

これに対してメルカリですが、スマートフォンから使えるということで手軽に利用が出来るという点では宅配買取に引けはとりません。しかし、フリマですから出品をするために写真撮影をしなければならない点もありますし、その他取引が終わるまでの手続きをすべてしなければなりません。ただ、宅配買取よりも高値がつく場合もありますから、手間を手間と思わない人には向いているといえるでしょう。