宅配買取とフリマ、オークションを比較

宅配買取とオークションのメリット・デメリットを比較しよう


宅配買取、そしてオークションといえば、物を売りたいと思ったときにとても有効になる手段です。

◆ 【宅配買取とオークション】

宅配買取といえば、自宅から品物を買取をしてくれる業者に送って査定をしてもらい、買取をしてもらうというものです。それに対してオークションはというと、インターネットを通じて品物を出品し、それにユーザーが価格をつけてくれるというものです。一番高くついた金額で売るというシステムになっています。

ちなみに、この宅配買取とオークションですが、それぞれにメリットとデメリットがあるのです。オークションサイトにはたくさんの種類があるのですが、宅配買取とそれぞれのオークションサイトとを比較したときにはどのようなメリットやデメリットが生まれるのでしょうか。 このサイトでは、この宅配買取とオークションを比較したらどのような違いがあるのかについて紹介していきます。

【メリットとデメリット】

◆ 【メリットとデメリット】

まずは宅配買取のメリットですが、利用においてはほぼすべてが無料となります。査定、荷物の送料、銀行振り込みにおける手数料まですべて無料となっています。そして、自分でやることといったら、梱包と荷物の引渡しだけです。後は勝手に査定額が出て、買取に同意すればよいだけです。これに対してデメリットですが、オークションの相場よりも高く売れることはないというものです。というのは、買取をした商品をオーナーがオークションに出すことがあるからです。そのためには利益を出さなければなりませんから、宅配買取における査定額が低くなるのです。

オークションのメリットについては、まず宅配買取よりも高く売れるという点があります。当然物によるのですが、入札者が出てくれば、宅配買取よりもほぼ確実に高く売ることが出来るのです。入札者が増えればそれだけ高く売れる可能性もあります。オークションのデメリットといえば、出品にお金がかかる場合があるということです。また、有料会員登録をしなければならないところもありますし、出品するためには写真なども必要になります。そして、その写真を撮るためのテクニックなども必要になります。それから、落札者とのやりとりも行わなければなりませんし、仮にトラブルが起こった場合も対応しなければなりません。そして、そもそも必ず売れるとは限らないところがあるのです。

こうしたところがオークションと宅配買取にはあるのですが、宅配買取とそれぞれのオークションサイトとの比較をしていきたいと思います。