宅配買取とフリマ、オークションを比較

宅配買取 vs モバオク

宅配買取 と モバオクを比較


宅配買取vsモバオクということですが、この、モバオクは、オークションサイトのビッターズを運営しているDeNAと、株式会社インデックスが業務提携したことで、2004年に誕生した携帯オークションサイトです。どちらに軍配が上がるのかというのはもちろんですが、モバオクとはどのようなものなのかについて見ていきましょう。

【モバオクとは】

モバオクは、日本のインターネットオークションの老舗的な存在だといわれるところがあります。スタートした当初は、携帯専用のオークションでした。つまりは携帯電話からのアクセスしか受け付けないところがあったのですが、2006年からはパソコンを使った入札や落札も出来るようになっているのです。そして、現在では会員数が120万人を超えているのはもちろん、月間で11億のPV、出品されている品数が500万品目という巨大なオークションサイトとなっているのです。モバオクは、当初は携帯電話でのオークションが中心だったため、10代前半から20代前半といった若年層がターゲットだったのですが、今ではそれ以上の年代の利用者も増えており、さらにはスマートフォンの普及によってたくさんの人が利用するようになっているのです。

【特徴的なところ】

モバオクの特徴的なところといえば、やはり有料会員限定のオークションという点でしょう。月額制になっており、かかる金額は月に324円だけです。他のオークションの場合、何かと手数料をとられることもあるのですが、モバオクの場合は手数料はかからない仕組みになっているのです。

また、モバオクでの代金支払いシステムは、トラブル防止のためにある仕組みが採用されています。それは、配達員に代金を支払う代金引換、もしくはモバペイと呼ばれる独自の決済システムが採用されているのです。ですから、品物が取引されてからお金が入るシステムになっています。ですから、代金を入金したのに商品が届かない、あるいはその逆を防ぐことが出来るシステムになっているのです。

【宅配買取とどっちが良い?】

これはあくまでもオークションとしてみた場合ですが、買取に対しては100%同意があれば引き受けてくれるということからしたら宅配買取の方が有利なところがあります。そして、宅配買取については原則お金がかかることはありません。これは月額324円でも必要であるというモバオクに対して一歩上を行っているところでもあります。こうしたところから見ても、宅配買取はメリットがあることが分かります。