宅配買取とフリマ、オークションを比較

宅配買取 vs フリル(fril)

宅配買取 と フリル(fril)を比較


宅配買取vsフリル(fril)ということで、この2つを見たときにはどちらが優れているといえるのでしょうか。まずはフリルと呼ばれるものについて触れてみましょう。

【フリルとはどのようなものか】

これはフリルと呼ばれるもので、フリマアプリの中でもかなり早い時期に誕生したものとなっています。たくさんのファッションアイテムがそろっていることもあって、ファッションに関するフリマの中では有名な存在となっています。そして、フリルは現在メルカリに続く2番手としての存在となっています。

【特徴について】

フリルは、ユーザーが女性限定というところが大きな特徴になります。洋服類は女性物の市場が多いわけですが、その中にあえて男性を入れないことによって、取引が安全に出来るという安心感もあるのです。そして、会員数が200万人ととても大きな規模があります。出品そのものは無料であり、販売がされたときに販売価格の10%が手数料として引かれることになります。出品自体は無料となっており、換金時の口座振込みの手数料が210円かかります。

【宅配買取とどちらが良いか】

やはり気になるのは、宅配買取とどちらが良いかという点です。フリルは女性限定ということで、女性にとって、ファッションに興味があって、いらないものを処分したいという人にとってはとても便利ではないかと思われます。価格もあらかじめ自分で決めることが出来るという点も優れていると見ても良いです。ただし、価格を決めて出品したところで必ずしも購入者が出てくるというわけではありません。そのように見たとき、宅配買取のように自身の同意があれば値段を付けてくれるところを利用する方が、買取という面から見たときに安心できるものになるかもしれません。