宅配買取とフリマ、オークションを比較

宅配買取 vs Amazonマーケットプレイス

宅配買取 と Amazonマーケットプレイスを比較


宅配買取vsAmazonマーケットプレイスということで、こちらに関してはどちらが良いのでしょうか。では、Amazonマーケットプレイスとはどのようなものなのかについてみてみましょう。

【Amazonマーケットプレイスとは】

Amazonマーケットプレイスは、アマゾンのアカウントを持っている人ならば、誰でも参加できるフリマのサービスのようなものです。アマゾン側が中古品の売買を行う場所を利用者に提供するのです。そして、売買契約が成立したら、出品者がアマゾンに販売手数料を支払う形になります。

【Amazonマーケットプレイスの特徴について】

特徴的なところとしては、アマゾンに掲載されている商品以外は出品できないようになっています。そして、商品のまとめ売りはできず、一点ずつしか出品が出来なくなっています。個人出品者、そして出店型出品者がいるというところがあります。そして、気になるのは売り上げの管理です。心配に思う人もいるかもしれませんが、Amazonマーケットプレイスでは売り上げの回収は行ってもらえますから、出品者が落札者と直接取引をする必要性はありません。そして、売買契約が成立した場合には、アマゾンから手数料を引いた分のお金が出品者の口座に入金されるようになっています。

【利用料はどうなっているか】

個人出品者に関してですが、Amazonマーケットプレイスの料金は、売買契約が利用者間で発生したときの販売手数料と2種類の成約料という形での発生となります。販売手数料は販売価格の15%、と基本成約料が100円、カテゴリー成約料が60円から140円発生します。

【どちらが良いのか】

では、宅配買取とどちらが良いのかということですが、Amazonマーケットプレイスの場合、手続き的に面倒なところもありますし、手数料が高額になるところがあります。そのように考えてみると、買取に対して手数料は特にかからずに、商品を相手先に送るだけで良いという宅配買取の方が優れていると考えられます。